改修工事レポート⑦「シーリング工事」

改修工事レポート⑦「シーリング工事」

スケジュールも残り半分。

規模も拡大し、建物への直接的な工事も多くなってきています。

 

後発工事も続々と着工

10月に入り、後発工事の担当業者さんが続々と合流されました。

改修を行うのは「トイレ」「ITV(監視カメラ)」「屋上シーリング」「自動火災報知設備」の4箇所。

いずれも鳥取県内で豊富な実績を持つ企業にご担当いただき、早いものはすでに101日から作業が始まっています。

 

ホール棟の自動火災報知設備は3階から地下1階まで、すでに取り替え完了。

引き続いて、会議棟も同様に更新していきます。

 

シーリング工事

「シーリング工事」というのは「防水工事」のこと。

雨風にさらされる屋上部の劣化を防ぐため、耐水性の素材で全面をコーティングするようなイメージです。

経年劣化してしまうため定期的なメンテナンスが必要で、今回の大規模改修を期に一新することになりました。

 

当然ながら作業場所は屋上。

重たい材料を一つ一つ階段で運び込んでいては大変です。

 

そこでどうするかというと……

クレーン車に重たい材料をくくりつけ、

写真3.JPG  写真4.JPG

 

アームを伸ばして、

写真5.JPG

 

屋上で直接受け取り!

写真6.JPG

 

クレーン車のアーム部分、なんと32.5も伸びるんだそうです!

後ろに見える鉄塔より高いかも?

作業は順調に進んでおり、今月中には完了する予定です。

 

 

今回のレポートは以上です。

今後もいっそう気を引き締めて、事故のないよう作業を進めていきたいと思います。

次回のレポートもお楽しみに!

 

広告スペース広告掲載について

CLOSE